マンション貸す場合に気をつけた点

マンションの収益を上げるためには

さて、マンションの収益を上げるためには、入居者を早い内に迎え入れて可能な限り長く居てもらうことが非常に大切になります。
と言うのも、入居者が居なくなってしまうと収入が途絶えてしまうだけでなく、ローンの支払いが発生するために赤字となってしまうからです。
そこで、私はいくつかの点について気をつけました。
まず、第一に気をつけた点はリフォームにかけるコストです。
リフォームはコストを掛ければ非常に品質の良い部屋が出来上がりますが、あまりにコストが掛かり過ぎると、赤字になってしまいます。
そのため、コストをある程度は抑えなければなりません。
私が気をつけたのは内装材のコストダウンです。
と言うのは、キッチンやトイレなどの設備の費用を抑えてしまうと、どうしても生活の利便性が悪くなってしまいます。
ですから、設備関連はコストをむしろ掛けることにしました。
しかし、内装材はそうでは無かったと思えたので、バッサリと削りました。
第二に気をつけた点が入居者の審査です。
入居者との賃貸契約は一発勝負とも言え、しかも間違ってしまうと取り返しがつかなくなるからです。
不動産の賃貸契約は法的に借り主が手厚く保護されていて、貸主側からすれば不利な立場に立たされてしまいます。
借り主を間違ってしまうと家賃の滞納リスクなども発生し得るのです。
第三に気をつけたのが不動産会社との友好関係です。
と言うのも、不動産会社との友好関係が危うくなると、入居者募集にも響く場合があるからです。

職場の異動でマンションを貸すことにマンションの収益を上げるためにはマンションを貸す上では気をつけるべき点